薪ストーブ

薪ストーブバナー

薪ストーブの販売、設置施工を、岐阜県美濃市より行っています。
住宅の新築、増改築、リフォームで薪ストーブを導入の場合は、建築の知識、薪ストーブの知識が必要であり、又、薪を販売しているため、薪に関することでも、トータルプロデュースとして計画ができると思います。
薪ストーブの設置施工の際はぜひよろしくお願いいたします。
自社にて薪ストーブを設置、又はメーカー紹介でご購入の方に、薪を値引き販売、優先、予約販売します。

薪ストーブイメージ写真1 薪ストーブイメージ写真2 薪ストーブイメージ写真3

薪ストーブ設置のメリット

弊社では、メーカー代理店より仕入れ等を行っていますが、下記利点がたくさんあります。
薪ストーブのみ販売して、燃料がないでは、話になりません。
今後薪は特に仕入れが難しくなることが予想され、薪の確保、購入についても安心できます。

  • 建築工事の経験があり、住宅の構造も理解しているため、建築施工も安心。既設の建物に取り付けるときはより、安全安心な工事ができます。
  • 提携の代理店を利用することにより、お客様直接依頼よりお値打ちに購入できます。
  • 薪ストーブの施工は、長い経験のあるメーカー指定代理店施工店により安心できます。
  • アフターサービス等は、代理店、弊社の2社のアフターメンテナンスで安心です。
  • 新築の場合も、薪ストーブ仕様、住宅生活における総合的な計画が、より高い完成度でできます。

薪ストーブの取扱商品

薪ストーブは手間がかかりますが、燃やした炎を見ていると、とても穏やかな気分になれます。
ストレス等多い社会で炎を見ながら、考えたり、ゆっくり時間が流れるような気がします。

又、汚れた空気は煙突より外に吐き出されるので、アトピーや、喘息等、健康にも、大変良い暖房機器であり、多くの方に導入していただければと思います。

薪を作るのも大変ですが、その苦労の分だけ、満足感に浸れたり、メタボリックな方も、薪を作ることにより健康になれます。
火を燃やすことは、地球環境において、二酸化炭素の循環で石油等より、環境にやさしい燃料です。

ドブレ
薪ストーブ・ドブレ

ノルウェーの鋳物専門メー力一として誕生した「ドブレ」。 優れた鋳物技術を活かしたものづくりは、70年以上に渡って受け継がれています。

詳しく見る
アンデルセン
薪ストーブ・アンデルセン

北欧デンマークの厳しい気候風土と伝統的な知恵と文化、経験によって生み出された炎の芸術品。クラフトマンシップを見事に融合させた製品です。

詳しく見る
ダッチウエスト
薪ストーブ・ダッチウエスト

19世紀初めのフェデラル様式にのっとった古典的で美しいデザインです。この様式の特徴は、明確なラインと優雅なアーチです。

詳しく見る
ピキャン
薪ストーブ・ピキャン

オーストラリア発の薪ストーブメー力一「ピキャン」。炎の質にこだわった昔気質のクラフトマンシップと、最新のテクノロジーが見事に融合しています。

詳しく見る

薪ストーブについてよくある質問

Q,既設の建物で設置できますか?
A,既設の建物であっても設置できます。ストーブが、住んでいる人にとって建物が、安全、メンテナンスできるように検討します。
壊し、穴あけ、床工事、断熱工事は建築工事ですので、下地、柱の位置、床等構造等は、わかっていますので安心です。
平面図、立面図等を拝見させていただき、建物の状況を見て検討することになります。
Q,全部でどのくらいの金額になりますか?
A,薪ストーブは、薪ストーブ本体の価格、煙突の価格、壁断熱部分の価格、それらに関する施工の価格が含まれます。当然煙突等の長さが長いと高くなります。
お値打ちにつけられる場合は70万程度~になると思います。外観や、レイアウトにより価格が違いますので、平面図、立面図、写真等を拝見させていただき、建物の状況を見て判断させていただきます。一度お見積もりさせていただければ価格はわかります。
Q,どのようなメーカーのストーブでも入りますか?価格は安いですか?
A,どのようなストーブでも設置できますが、ドブルをすすめています。
Q,薪ストーブを選ぶ基準は?
A,薪ストーブは1日中部屋の中にあります。
使用期間は11月から4月の6ヶ月程度ですが、考え方として ①インテリア、デザイン優先 ②暖房効率の重視 ③使い方(暖房、調理のピザやシチュー等) のどれが重要かも大切だと思います。
気に入ったデザインと使い方で選んでいただけると良いと思います。
Q,見積もりは提出して頂けますか?
A,平面図、立面図があれば見積もりは可能です。写真があればなお良いです。
気に入ったストーブがあれば、ストーブの種類、煙突の出し方も決めてあればお教えてください。
Q,薪ストーブを新築時と居住後で設置するのでは、どの方法が良いですか?
A,新築の計画時に御相談いただくと、薪の置き場とか、作業場、管理等、平面での室内の暖房状況等も考えることができるので、より効率的、デザイン的に考えることができ、すべてにおいてより良い住宅になると思います。
Q,1日にどのくらい薪を使用しますか?
A,1日の寒さ、使う頻度にもよりますが、1日2~3束位が使用量となると思います。
ワンシーズンで200~300束位用意すればよいと思います。
寒い地域、一日中使うような地域は、300~400束は使用すると思います。
Q,薪ストーブの薪はどこで手に入れますか?
A,こちらでも薪を販売していますが、なるべく安くしたい方は、下記の方法があります。
土木の工事で切った木をもらったり、果樹園、造園、木材やさんと仲良くなってもらったりします。
川で拾うのもいいかもしれません。
新築の家の端材の場合は、集成材、注入材等が多く薪に適しません。
薪が必要な場合は販売店を紹介致します。
Q,薪の製作は、どのようにしますか?
A,薪は、製作するのに時間と労力が要ります。薪はただ単に製作するのでは、カビが生えたり黒くなってしまったり、腐ったり、水分が抜けなかったり、虫が付いたり、いろいろ問題があります。
又、チエンソーで玉きりにしたり、割るのも手間が要ります。 
薪棚も製作しますので、ぜひご相談ください。